FC2ブログ
何気ない日々を綴っています。

今年は...。
2006-08-20 Sun 08:25
8c037345.jpgおはようございます。
山形は、過ごしやすい朝。
雲ひとつ無い晴天で、気持ちが良い。

今年は、スポーツが盛んな年だなって思う。
2月に、冬季オリンピック。
6月にW杯があって。
で、昨日。
ついにバスケットボール世界選手権が開幕。
全国4都市で、予選リーグが行われてます。

だがしかし。
新聞の紙面に大きく取り上げられてるのは...。
高校野球と、女子バレーのワールドグランプリ。

確かに面白い。俺も見入っちゃってるし。
高校野球は、駒大苫小牧と早実、素晴らしいし。
女子バレーは強豪キューバ、ライバル韓国相手に
2日ともストレート勝ちだし。
あっ、オシムジャパンの話題もあるか。
う゛~ん゛

9月3日の決勝まで、
ここのブログは、バスケ世界選手権一色になります。
せめて俺一人だけでも、盛り上がろうかと。
半月、お付き合い下さい(ぺこり)
しかも、日本代表ではなく、
アメリカ代表を応援している俺の身勝手さも、
理解してあげて下さい(苦笑)

米アテネの雪辱 世界一へ向けて好発進。

札幌、仙台、浜松、広島など4都市で
1次リーグ12試合を行い、
1994年以来の頂点を目指すD組の米国は
プエルトリコを111―100で下した。

米国がアテネ五輪の初戦で敗れたプエルトリコに雪辱し、
3大会ぶりの世界一へ好発進した。
圧巻だったのは第3Q序盤の10連続得点。
特に2分すぎ、自陣でアンソニー(ナゲッツ)がボールを奪い、
ポール(ホーネッツ)が素早く攻め込み、
最後はジェームズ(キャバリアーズ)が
ファウルを受けながらボールをねじ込んだ得点は理想的。
攻撃的な守備から速攻を狙うチームバスケットに、
個人技を組み合わせたスタイルを披露した。

スティール14本。
ターンオーバーからの得点が計13点。
シャセフスキー監督も
「プエルトリコは素晴らしかったが、ウチもいいプレーができた」
と納得の様子だった。
アンソニーが21得点、
ジェームズが15得点、
ウェイド(ヒート)が13得点と、
主将に選ばれた若手3人も計49得点と活躍。
若いチームは、まだまだ成長しそうな勢いだ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<壮絶な。 | -AIR TIME- | 鏡分金殿燭>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| -AIR TIME- |