FC2ブログ
何気ない日々を綴っています。

子猫物語【番外編】
2012-05-31 Thu 09:35
2年前の5月下旬、
弱々しい(今にも死にそうな)姿で、
俺ら家族の前に現れた2匹の子猫。
1匹はすぐに車に曳かれてしまい、
大変残念に思ったものでした。

120531_chapi
でも、残された【ちゃぴ】は、
大きな病気をすることもなく、
すくすく育ってくれまして。
今では、わが家に欠かせない、
大事な大事な存在になっております。





2年前に2匹の子猫を保護した場所は、
俺の実家の、建設資材置き場なのです。


『そういえば、ここで み~み~ 鳴いてたんだよなぁ。』
『ちゃぴも、もう2歳かぁ。』


そう感慨深くなりながら、
2年前と同じく、
夜に資材の整理や棚卸を手伝っていたら.....






『みぃ~』






え゛ッ!?!?!?!?!?

最初、空耳だと思いました。
でも、作業を中断して、
よ~く耳を澄ましたんです。





『みぃ~みぃ~みぃ~』






これはもう確実に子猫が居る。
そう確信しました。
そして、声のする方向に、
そ~っとそ~っと寄っていくと.....






「うわッ、居たぁ~ッ!!

20120531_1

120531_2

中央の2匹は、小さいころの【ちゃぴ】にそっくりッ!
また、同じ親猫から生まれたんでしょうか?


前に猫仲間に教わったんですよね。
下手に触ったりすると人間の匂いがついてしまって、
親が寄り付かなくなってしまうって。

なので、思いっきり遠目から一瞬だけ観察しました。
でも、あまりの可愛さに、
(フラッシュを焚かずに)写真をパシャリ。

で、それ以降、その場所は隔離。
誰も近づかないようにしています。

いやぁ、でも.....
あまりの愛らしさに、
抱き寄せたくなる衝動にかられました(苦笑)



新たな生命や小さい子や小さい動物。
なんであんなに愛おしく感じるんでしょうね。
なんか、にやついてしまいます(笑)

あの4匹も、
すくすく育って欲しいなぁ。
スポンサーサイト



別窓 | Life | コメント:2 | トラックバック:1 |
| -AIR TIME- |