FC2ブログ
何気ない日々を綴っています。

子猫物語 #1
2010-06-29 Tue 19:42
100629_080132
子猫が気になっちゃって。
出勤前に倉庫に行ったら、
土嚢袋の上にちょこんと

真ん中においてあるグレーのパイプも気に入ったみたい。
何回も潜る姿を見て、

「かぁ~いぃッ!」

昨日、エサをあげて長い間そばに居たからか、
唯一の兄弟を失って寂しいからなのか、
全然近寄ってこなかった子が、
しゃがんでる俺の膝に登ってきて。
ノドをゴロゴロゴロ。

「う~わッ。」

何ッ、この初恋みたいなトキメキとせつなさ.....。
俺、物凄く犬派だったんだけどなぁ(笑)


makiからありがたいメールとメッセを貰った。
凄く適切なアドバイスで。
ホントにありがとう(ぺこり)
maki'sメッセの、

>動物病院では迷い込んだの保護した~って言えば
>健康診断してくれます。

この文を読んで、かなり安心。
「何って言って病院に行けば良いんだろ?」
そんな事からして分からない俺。
経験って、やっぱり大事。
猫を飼ってる人の意見は、とても参考になる。


それとなく3人に声をかけてみたけど、
全員からお断り。
俺と同年代の連中は、
奥さんが妊娠してたり、新婚だったり、幼子が居たりするから、
さすがに言えず

里親候補を見つけるのですら、かなり難航............。
飼ってあげたいけど、
俺のアパート、ペット厳禁だしなぁ

とりあえず、周りの人をあたってみて。
そして、宮城or山形で、里子募集があるか、
根強く探してみなきゃなぁ。




仕事終えて実家に来てから、子猫が行方不明...
今日は、ダンプの出入りが激しいから、
倉庫のシャッター、開けっ放し。
100629_192019
下にちょこんと写ってるのが子猫
この通り、建設資材が乱雑&大量に置かれてるから、
子猫が隠れちゃうと、探すのはかなり困難。
とはいえ、
いつもエサを置くと5分以内に姿を現すんだけど、
今日は1時間も姿を現さず。

「こりゃ、親猫ちゃんが連れてったか、
 まさか... 野良犬かカラスに食べられた?」

と思って、サーチライトをもって、
実家の他の倉庫を20分探し回って。
親猫の気配も無いし、鳴き声も無いから、
とぼとぼ、元の倉庫に戻ることに。

その途中、親猫(だと思ってる)とバッタリ遭遇。
親猫は猛スピードで逃走。
その後すぐ、元の倉庫から又、
子猫の「にゃぁ~にゃぁ~。」って声が。
いつもならエサに飛びつくのに、
エサやミルクに見向きもせず、
俺にもアウトオブ眼中で、1人大遊び(笑)

これって、親猫が、
俺らが居ない間に子猫を連れ出して面倒見て、
また、倉庫に戻しにきてる ってことなのかなぁ?
ちなみに親猫は、首に鈴と名札みたいなプレートが。

自分の飼われてる家ではバツが悪くて、
子供だけ俺ん家に置いてる とかって有るのかなぁ?

土曜日、動物病院に連れて行こうと思ってたけど、
親猫の存在があるし、どうしようかなぁって...
「予防接種とかは早めに。」って先輩に言われたけど、
1週間くらい様子見て、
子猫と親猫の関係を確かめた方が良いのかと...

「無理に引き離すのもなぁ。」って思ってしまって。
「子猫にとって一番良いのは?」
晩酌しながら、考えちゃってまする
スポンサーサイト



別窓 | Life | コメント:2 | トラックバック:0 |
教えて下さい。
2010-06-29 Tue 01:06
昨日から1週間、実家に泊まることに。
家に着いてびっくり。可愛い子猫が2匹。
100627_202252
話の始まりは5月末らしい。
実家倉庫のゴミ捨て場脇の空ダンボールに、
目も開けない、生まれたばかりの、
この子達2匹が居たらしい。

深めのダンボールだから、
段ボールを倒し、倉庫内に放置して、
親猫が迎えに来るのを待ったらしい。

で、2時間くらいで親猫が2匹を連れて行き、
「たくましく育ってくれればいいね。」くらいで、
その時は一安堵したそう。


それが...
この前の土曜日、また、倉庫で、
「にゃ~にゃ~」と泣き声が。
1日放置しても、親猫は現れず、
とりあえず倉庫のシャッターを閉め、保護。

写真の上の土嚢袋(麻で出来た土や砂を入れる袋)が気に入ったのか、
日曜日も、1日中、そこに居たらしい。
夜、シャッターを閉めに行って、1枚パシャリ。


ここで質問。

もう親猫は、この子達を見捨てちゃったの?

迎えに来てくれるのが一番良いし、
親猫らしき存在、同じ敷地内で、
かなり遠巻きに4~5回見てる。
でも、子猫が居ついて今日で3日目...
親猫が近づいたり連れてく気配、全く無し。
親猫は、首に鈴とプレートみたいなのをしてるから、
飼い猫なのかも。





もう1つは、ものすごく悔しく悲しい出来事。
朝、俺の出勤前、土嚢袋の上で元気にじゃれてた2匹。
昼、母から電話が来て.....

片方の子、倉庫裏の道路で轢かれて死んでいたと..................

勤務中なのに、しばし絶句。
父が回収し、畑に埋めてくれたらしい。

元気な姿を見たから、
情が沸いてしまってたんだなぁ.....
好奇心の強い子が死んで(写真上)、
警戒心が強い子(写真下)が生き残った。

同じ親から産まれた2匹だけど、
性格が全然違って。
どんどん俺ら家族に近寄ってくるのが、今日死んじゃった子。
生き残った子は、その子にだいぶ遅れてから、
ようやく顔を出すって感じで。




晩酌をしてる時に、父から一言。

「だから昔、お前らにペットを飼わせなかったの、
 わかるだろ?」

小さい頃、俺や兄が何度ねだっても、
ペットは飼えなかった。
父自身は、馬から牛から飼ってた人だったから、
俺らにダメって言うのが理解出来なかったけど、
亡くなった時の事を考えると、
そう思っても当然って、今日思った。
たった2日の付き合いで、こんなに心苦しくなるとは(苦笑)



で、もう1つ質問。

残された子、これからどうしたら良い?

俺の実家、建設車両の出入りが激しいし、
父母は飼うのに絶対反対。
今も土嚢袋の上で、じっとしてる子猫。

「病院連れてって、里親探し?」

俺、育てた経験が全く無いから、
どうして良いか分からなくて。

残された子の為に、早く対応しなきゃ...
猫に詳しい人、2つの質問、
ぜひ教えて下さい(ぺこり)
別窓 | Life | コメント:9 | トラックバック:0 |
| -AIR TIME- |