FC2ブログ
何気ない日々を綴っています。

タッピング。
2007-08-26 Sun 15:46
2c7402d3.jpg昨日から、新薬を服用。
今までは、グランダキシンとデパスを
毎食後、一錠づつだったんだけど...。
昨日からは、ジェイゾロフトという薬を
寝る前に一錠づつ飲むことに。
ここ10年、食事たびに薬を服用していたから、
1日耐えれるか不安。

今日は、ほぼ寝たきり。
なんか、五里霧中って感じ。
周りの人には、黙りこくったりして見せないようにしてるけど...。
俺の場合、うつも結構深刻らしい(苦笑)
プライベートにおいて、ストレスを感じる人とは、
しばらく、接触しないようにとの指導。

初診は、3時間。
じっくり話を聞いていただいた。
中学校のころの恩師と、顔や雰囲気がそっくりで。
ほっとしながら、話すことができた。

「あなたは、行動療法を自分で行われているし、がんばっていますよ。」
「ダンスもボクシングもバスケもできるなんて、すばらしいことです。」
「長い時間かかった病気ですけど、上手に付き合う方法を覚えれば、
 いつか必ず、完治しますからね。」
先生の言葉を聞いて、涙があふれ出した。
将来に、光明が射した気がして...。

一番勉強になったのは、「TFT タッピング」
うつ、パニック障害などを、タッピングで解消していく、という療法らしい。
タッピングとは、東洋医学的なツボを、
一定のリズムで指先を使ってポンポンと叩いて刺激するというもの。

心理的カウンセリングと催眠導入(催眠術とは違います)
によって、心理的トラウマを癒していき、
このタッピングの指導をしていただけるみたい。

ここ見てくれてる人にも、簡単なやつを紹介しますね。
パニック障害・社会不安障害 の人だけではなく、
一般の人も、ストレス解消したり、集中力を高めることができるとの事。

まずは、手のひらを開いて。
手の小指同士を、叩いて合わせる動作を30回。
次に、左胸。
鎖骨の下、腕よりのほうに、触るとくぼんで、ちょっと痛くなる場所がある。
ここも30回押して刺激。

個人個人で、タッピング法も違うみたい。
俺が習ったのは3種類。
ネットで調べると、けっこう出てくる。
同じ症状の方々、俺と一緒に、
症状を軽減させていきましょうね。

症状が日に日に良くなることを、祈り、そして信じて。
スポンサーサイト



別窓 | Panic Disorder | コメント:2 | トラックバック:0 |
| -AIR TIME- |