何気ない日々を綴っています。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
世界選手権 準々決勝。
2006-08-31 Thu 13:11
20060830_haward
昨日、バスケットボール世界選手権は、
準々決勝2試合を行ない
優勝候補筆頭のアメリカと欧州王者のギリシャが勝利し
準決勝へコマを進めた。
アメリカは前半、NBAのスタープレーヤーである
ダーク・ノビツキー選手(ダラス・マーベリクス)
を中心としたドイツのスローペースにはまり
40対39と予想外の折り返し。
だが、3Qに入ってペースを掴むと、
そのままドイツを突き放し、
85対65と20点差をつけて大勝。
点差はついたけど、見てて、少し危なっかしい試合。

グループゲームラウンドのイタリア戦で
35得点をあげて逆転勝利の立役者となった
カーメロ・アンソニー(デンバー・ナゲッツ)が、
またしても大活躍を見せた。
アンソニーは、オフェンスに火をつけただけでなく、
ディフェンスでもチームを引っ張り、
アメリカに勢いを与えてる。

同じく今大会にメンバー入りしている
同期のドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)や
レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)
に先を越されいる感のあるアンソニーだけど、
この大会で大きく飛躍し、
来シーズンではナゲッツを躍進させるきっかけにして欲しいと思った。

アメリカは9月1日の準決勝第1試合で、
フランスに73-56で勝った
ヨーロッパ・チャンピオンのギリシャと対戦。

4年前、地元インディアナポリス大会ではメダル争いに届かず、
まさかの6位、
2004年のアテネ五輪でも3敗して3位...。
王国の誇りを胸に雪辱を期すアメリカが、
世界タイトル奪回まであと2勝に。
しかし、ギリシャはドイツ以上に厳しい相手だなぁ。

そして、もう一つのブロックからは
アテネ五輪金メダルのアルゼンチンと、
今大会アメリカと双璧のチーム力を誇る
“無敵艦隊”スペインの勝者が上がってくる。
接戦をいかに制するか。
NBAの猛者揃いのアメリカの戦いの真価が問われる
準決勝・決勝になるだろうな。


まぁ、話はがらっと変わって。
仙台は涼しくなってきている。
今日で八月も末。
夏、終わっちゃった気がする。
残暑、厳しいと良いなって思ったり...。

「自分こそ自分の主人
どうして他人が主人であろう
自分をよくととのえたなら
じぶんこそ得がたい
主人になるだろう」

昨今、主人というと
何か別のものを思い浮かべて違和感があるけど、
ここでは自分の行動を支配することって考えてみると
分かり易いのかなって思う。

他人に支配され続ける、
従属した自分であり続けることを望む人はいないはず。
自分が自分らしくあり続けることの生き心地のよさが、
自分をまた磨き高めていくことになるんだろうな。
そして、そのことが友人や家族などごく身近な人たちに認められることで、
自信を深めていくことになるんだと思う。

そのためにも自分の「整え」なければならない。
行き当たりばったりの自分ではなく、
あるべき自分を常にもち、ゆっくりでもいいから、
しっかり確実にそこに向かっていく。

うん。
前へ前へ。
くじけそうになっても、少しづつでも、
過去にとらわれず前へ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
アメリカVSオーストラリア
2006-08-28 Mon 17:28
afc4b57f.jpg昨日、世界選手権のファイナルラウンドが始まった。
ベスト8を決める戦い。
D組1位通過のアメリカは、オーストラリアと対戦。
いやぁ。すさまじい試合で。

ベスト8に勝ち上がったアメリカがドイツと、
ギリシャがフランスと30日の準々決勝で戦う。
アジアやアフリカ、オセアニア勢は姿を消した。

2000年シドニー五輪以来の世界王座を狙う米国(D組1位)は
NBAで活躍するジョー・ジョンソン(25)=ホークス=が
第2Qにアタック。113-73で豪州(C組4位)に大勝。
ギリシャ(C組1位)は中国(D組4位)に95-64、
フランス(A組2位)はアンゴラ(B組3位)に68-62で勝ち、
ドイツは78-77でナイジェリア(A組3位)に辛勝した。

アメリカの選手の層の厚さが違う。
底力を見せ付けられた。
第2Q、米国が次から次へと投入したNBAのスタープレーヤーが、
相手を追い詰める。2Qの10分だけで
26点もの差をつけた。
アテネ五輪で89-79と苦戦した豪州を相手に100点ゲームで完勝。

持ち味の激しいプレスディフェンス。
ディフェンスで豪州にプレッシャーをかけ続けて
ミスを誘発した。
12人全員がNBA選手だが、
この日を演出したのは、
ウェード、ジェームス、アンソニーといったスーパースターではなく、
このチームに入れば“脇役”たち。
ジョンソンが3点シュートやスチールからのダンクショットでたたみかけた。
18得点を挙げ、第2Qチーム最多の12点をマークしたジョンソンは
「自分たちは層の厚いチーム。試合ごとに出場する時間が違う。
打つシュートは全部決めるつもり」
と集中する。

スーパースターの寄せ集めだった
かつてのドリームチームとタイプが違う。
デューク大の名将として知られるシェシャフスキー監督は
約5分間で1度に5人を交代させる
「2チーム制」を基本にして新たな戦力を投入。
スーパープレーヤーと地道に仕事をこなす選手との融合が完成しつつある。
次の関門はNBAのスーパースター、
ダーク・ノビツキー(マーリックス)を擁するドイツ。
シェシャフフスキー監督は
「最終目標は優勝。プレーの質を上げていく。」とコメント。
試合を重ねるたびに、自信が深まる。

本当にアメリカの強さが際立った。
オーストラリアにも、ドラフト1位の フォワード/センター
アンドリューボガット(バックス)がいるにも関わらず、
相手にせず一蹴。
派手なプレイは少なかったけど、基本に忠実で。
ゾーンに対して、パッシングゲームがうまく機能してたと思う。
このチームの試合の中で、一番良い試合だと思った。
このまま優勝まで突っ走って欲しいな。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
殺界中。
2006-08-25 Fri 18:38
7fc9f1a7.jpg去年から混乱があって。
細木和子の「六星占術」何て本なんか読んだりしてました。
ここ2、3日、ちょっと嫌な事が続いて。
本を広げてみたら、あらびっくり...。
そうっすか。大殺界中っすか。

俺は天王星人(+)
その中でも、霊合星とかっていう厄介な星に産まれてて。

ま、ざっと要約すると...。

霊合天王星人
あなたは、土星人の性格も併せ持ちます。
天王星人は人に対するすばらしい優しさがあります。
また、楽天的で周囲を明るくします。
土星人は利害よりもプライド、名誉を重視し
何事もはっきりさせないと気がすまないという特徴があります。

良いところ
土星人、天王星人ともに、
平和主義な考えを持っているので、
よりいっそう「人」を大事にするという易しさが強いでしょう。
また、非常に人懐っこいです。

悪いところ
矛盾する性格が同居するんですから、
どうしても優柔不断に見られたり、生き方、考え方に同調されないでしょう。

注意するポイント
土星人(生真面目) + 天王星人(快楽追求)
= 快楽追求に理由を付けてのめり込む

う゛...。
当たっているかなと。

言ってみれば六星占術は統計学。
細木和子は信じてないけれど、当たっているところが多くて。
去年から来年までが俺は殺界。
霊合星人は、幸せも不幸も、短いサイクルで人の倍らしく。
なるほどなと...(苦笑)
年運...殺界 月運...殺界 日運...殺界
なんていう、素晴らしい三日間の真っ只中に今います。

差し歯は見つからず。
今日も、忙しくて歯医者に行く事が出来ず。
明日から土日。歯医者も休みに。
でも、前歯が無い生活、意外に気持ち良かったり(苦笑)
バレナイものです。歯が無くても。
今日も家族以外には気づかれず。

さて、そんなこんなでバスケ世界選手権。
日本は、結局1勝しかできずに予選敗退。
ニュージーランド戦の残り30秒での大逆転負けがつくづく悔やまれます。

その前のパナマ戦で、
最後の方ぽこぽこ入れられて嫌な終わり方してたので、
ちょっと嫌な予感があったんですけど。
それがまさか現実になるとは...。

相手は仮にも世界選手権に出てきてるチーム。
相手に油断して、守りに入ってしまう姿勢が
こういう結果に繋がったかなと。
日本はバスケにおいては、常にチャレンジャーなのですから、
最後まで攻めていって欲しかったです。
世界の壁はとてつもなく厚いなと。

まぁ、当初からアメリカを応援してたので...(強がり)
アメリカは見事に全勝で、グループリーグ突破。
昨日はセネガルに45点差の圧勝。
決勝ラウンドが、今から楽しみ。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
マジでピンチ。
2006-08-24 Thu 11:11
2b260738.jpgちゃれブログにもちょっと書いたけど...。
マジでピンチです。
ボクシングで、前歯を折られたことがあって。
それ以来、前歯は全部差し歯。
最近、ぐらついてきてて。
昨日の夜、歯を磨いてたら、2本、ぽろっと抜けてしまって。

「間抜けな面だなぁ。」
自分で見て苦笑い。
早めに歯医者行って、固定してもらわないと。
なんて思ってたその矢先...。
その矢先...。
その矢先...。
その矢先...。

朝、目覚めたら、
置いてあったはずの差し歯が無い!!!
出勤時間ぎりぎりまで探しましたよ。
部屋がひっくり返るほど、探しましたよ。
でも、無い!!!

帰ったらもう一回見てみるけど...。
無いだろうなぁ。
何処にいっちゃったんだろう。
置き方も悪かったしなぁ。
大事に机の上にでも置いて置けばよかった。
枕元に置いた自分に涙...。
一から差し歯作ると、いくらかかるんだろ。
しかも2本分(滅)

それよりなにより。
今日は口を開けません。
今日はあまり喋りません。
あまりに情けなくて...。

さて。
バスケ情報を。
昨日のイタリア戦。
アメリカもマジでピンチで。

苦しみながらも94対85で勝利。
4連勝を飾り、同グループトップ通過を決めた。
敗れたイタリアは、グループリーグ3勝1敗となっている。

ここまで無敗同士の対戦は、
米国が第1Qを25-19とリード。
しかし続く第2Q、
イタリアはスティールからの速攻、3ポイントシュートと
米国のお株を奪う攻撃で一気に逆転に成功し、
45-36とリードして前半を折り返した。

今大会初めて前半をビハインドで終えた米国は、
後半に入ってカーメロ・アンソニー(写真)が大爆発。
第3Qだけで19得点を叩き出すと、
米国は19-9の猛攻を見せるなど71-64と
再びリードを奪って第4Qを迎えた。
その第4Q、米国はアンソニー、ドウェイン・ウェイド
の得点などで粘るイタリアを退け、
辛く辛くもも勝利。
今日行われるグループリーグ最終戦の
セネガル戦を前にトップ通過を決めた。

アンソニーは5本の3ポイントシュートを含む35得点をマーク。
特に後半だけで29得点と、逆転勝利の立役者となった。
また、ウェイドが26得点、
エルトン・ブランドも16得点を挙げて勝利に貢献している。
一方のイタリアは、
マルコ・ベリネッリが25得点をマーク。
NBAでプレーする選手はいないものの、最後まで米国を苦しめた。

いやぁ。昨日の夜から、厄にはまってる。
アメリカも俺もピンチピンチ...。
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
壮絶な。
2006-08-21 Mon 15:31
16723176.jpg
今日のブログは、チャレブログと重複してるとこが多い。
でも、文体やちょっとしたところ変わってるので、
その辺のわび・さびをお楽しみください(壊)
昔流行った、ウォーリーを探せ感覚でご覧下さい。

今、甲子園決勝を観戦し終えた。
壮絶な試合だった。

37年ぶりの決勝再試合。
最後、2ランホームランで意地をみせたものの、
4-3で、早実勝利。
斎藤投手に抑えられ、駒大苫小牧は3連覇ならず。
早実は、夏の甲子園、初優勝。
心情的には、両者とも優勝させてあげたかった。
斎藤投手、素晴らしい投手だなぁ。
メンタル的にも凄い。

いやぁ。明日のスポーツ誌の一面は、
この試合で決まりだね!

だが...。
しかし...。
俺は我が道を行きます(笑)

昨日は、バスケ世界選手権、予選二日目。
対中国戦で、
NBAファイナルでMVPを獲得した
米国のウェイド(写真)が本領を発揮。
第2Qの残り3分から、1人で9得点。
その後も確実にシュートを決め18分間の出番で26得点。
ファイナル再現の活躍で、
ともに主将を務めるジェームズ、アンソニーも、
この日ばかりは、かすんでしまった。
194センチのエースの活躍で、
平均身長204センチの高さの中国に大勝。
前日プエルトリコ戦の計14スティールに続き、
この日も18スティールを記録するなど、
守りでも相手を圧倒。
シャシェフスキー監督は
「ゲームは守備を基本につくるもの。今日のゲームは良かった」
と満足そうだった。
22日は同じ2連勝のイタリアと対戦する。

いやぁ。本当に、今回のチームは
役割分担がはっきりしている。
チームとして、うまく機能してるなって思う。
さすがに全世界のバスケのレベルが上がってきているから、
昔みたいに、40点差、50点差をつけて
圧勝って訳にはいかないけれど...。

でも、スティールの多さ、速攻の多さが、
今回のチームの良さを、物語っていると思う。
見栄えあるプレイ、唸らせるプレイが多いし、
点差以上に、アメリカの強さを感じる。
あ゛~。札幌に行って、生で試合観戦したいなぁ。

チャレブログと思いっきり重複です。
手抜き... してないっすよ...(汗)
ネタが、無くなって来たなと思う今日この頃。
皆から、面白ネタ、提供してもらわなきゃなぁ(笑)

あっ。お知らせが。
そんなに重くないHPにしてるんだけど。
ホームページ、真っ白く表示される時が多くて。
しばらくほっておいてみて下さい。
じきに表示されます。
IEだったら、更新をクリックしてみて下さい。
ちょっとすると表示されます。

でも、おかしいなぁ。
前のHPの方が、画像多くて、
よっぽど重かったのに。
こんな事になるのは初めて。
coolと相性悪くなってきたのかな...。
6年も住んだから、そろそろお引越しかな?(苦笑)
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
今年は...。
2006-08-20 Sun 08:25
8c037345.jpgおはようございます。
山形は、過ごしやすい朝。
雲ひとつ無い晴天で、気持ちが良い。

今年は、スポーツが盛んな年だなって思う。
2月に、冬季オリンピック。
6月にW杯があって。
で、昨日。
ついにバスケットボール世界選手権が開幕。
全国4都市で、予選リーグが行われてます。

だがしかし。
新聞の紙面に大きく取り上げられてるのは...。
高校野球と、女子バレーのワールドグランプリ。

確かに面白い。俺も見入っちゃってるし。
高校野球は、駒大苫小牧と早実、素晴らしいし。
女子バレーは強豪キューバ、ライバル韓国相手に
2日ともストレート勝ちだし。
あっ、オシムジャパンの話題もあるか。
う゛~ん゛

9月3日の決勝まで、
ここのブログは、バスケ世界選手権一色になります。
せめて俺一人だけでも、盛り上がろうかと。
半月、お付き合い下さい(ぺこり)
しかも、日本代表ではなく、
アメリカ代表を応援している俺の身勝手さも、
理解してあげて下さい(苦笑)

米アテネの雪辱 世界一へ向けて好発進。

札幌、仙台、浜松、広島など4都市で
1次リーグ12試合を行い、
1994年以来の頂点を目指すD組の米国は
プエルトリコを111―100で下した。

米国がアテネ五輪の初戦で敗れたプエルトリコに雪辱し、
3大会ぶりの世界一へ好発進した。
圧巻だったのは第3Q序盤の10連続得点。
特に2分すぎ、自陣でアンソニー(ナゲッツ)がボールを奪い、
ポール(ホーネッツ)が素早く攻め込み、
最後はジェームズ(キャバリアーズ)が
ファウルを受けながらボールをねじ込んだ得点は理想的。
攻撃的な守備から速攻を狙うチームバスケットに、
個人技を組み合わせたスタイルを披露した。

スティール14本。
ターンオーバーからの得点が計13点。
シャセフスキー監督も
「プエルトリコは素晴らしかったが、ウチもいいプレーができた」
と納得の様子だった。
アンソニーが21得点、
ジェームズが15得点、
ウェイド(ヒート)が13得点と、
主将に選ばれた若手3人も計49得点と活躍。
若いチームは、まだまだ成長しそうな勢いだ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
鏡分金殿燭
2006-08-16 Wed 13:11
dc1c46b9.jpg「かがみは、きんでんのしょくをわかつ」
と読むらしい。

「鏡」は自分が映すものに惑わされない。
どんなに豪華な宮殿の中にいても、
絢爛(けんらん)に輝く蝋燭(ろうそく)に囲まれていても、
「鏡」は自分を勘違いすることなく、
無心でその蝋燭を映し出す。
輝いているのは自分ではなく、
蝋燭であるということを知っている。
そんな「鏡」のようであれ、という言葉。

「朱に交われば赤くなる」
ということわざがある。
人は交わる友、また環境によって、
良くも悪くもなる という意味。

「鏡」は、惑うことなく現実を、
本質だけを静かに映し出す。

偏屈だといわれ
少しの間は辛い思いをすることがあるけれど、
本質が見えて行動していれば、
今も誰かはわかってくれていて、
そしていつかは皆に認められるようになる。

なかなか素晴らしい言葉だなと。
今、いろんな本を読みふけっている。
ジャンルも様々。
でも、実家がお寺って事もあってか、
何故か仏教系の本が多い。
難しかったりするんだけど、読んでると心が落ち着く。

また、ある人に良い言葉を貰った。
「価値組になれな。」

なるほどな。
病気を軽減させて、目指すものを取れれば、
自分がどんなに救われるかと思う。
負の感情すら、逆に自分の発奮材料。
すべてに対して、ありがとうと。
勝ち組ではなく、価値組へ。
一歩一歩、前へ前へ。

何年かぶりかで、穏やかなお盆を過ごした。
今の状況に感謝。
東北では夏が終わりそうだけど。
穏やかだった、今年の夏に感謝。

別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 |
怒り。
2006-08-12 Sat 15:35
e34fadb5.jpgちょっと古い写メ。
山形の花笠祭りの写メです。
東北は、今、夏祭り一色。
寒く辛い冬を乗り切れるように、
そして豊作を願って、
夏祭りがさかんなのかなと。

昨日、大きなステージで、ダンスしてきた。
ちゃれ とは別のサークルで。

ダンスは楽しかったんだけど...。
知らない人ばっかりだったのに、
打ち上げで、いろいろ俺の事を聞かされて。

自分の過去は反省する。
でも...。
全然知らない人たちに
「あいつは○○なやつ」
なんて思われてたのに愕然とした。

一方的に聞かされてた人達にしてみれば
その一方の意見だけで、
先入観だけで、
人格を判断しちゃうだろう。

「結局、言った者勝ちかよ。」
かなり怒りがこみあげる。
ある事ない事、吹聴して、人をおとしめて、何が楽しいんだか。

表面上は変わらない。
逆襲して、言い返したりもしない。
そいつの事を吹聴したりもしない。
憎しみもない。
あまりに馬鹿馬鹿しくて。同じレベルになりたくない。
ただ...。
俺は一生許さない。

とにかく、前へ前へ。
これからの行動で、プライド取り戻す。
甘っちょろいヒューマニズムは、
もう完全に捨てる。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
明日があるさ。
2006-08-10 Thu 07:21
少し、ブログはご無沙汰。
プライベートで、忙しい日々を過ごしてた。
お盆前、少し休みを取れる事になって。
仲の良い人たちと、日本海に来てる。
山形と仙台は隣県なんだけど。
端から端の移動、
言ってみりゃ、日本横断。
到着まで、4時間掛かった。

未だに先が見えない。

ふいに写メを撮られて。
表情が曇ってるな
何て事を先輩に言われて。
「明日があるさで頑張っています。」
と、先輩に言ったところ...。
「有路、明日は無いんだよ。」と。
「明日、明日って言ってると、
今日が大事に出来なくなる。
明日、来る人や事を大事にすればいいや
なんて思っていると、
目の前から大切な人や物が、なくなってしまうぞ。
そうやって、思い出や過去を追いかけ、引きずる事に
なるんじゃないのかな。」

酒飲みながらの話だったけど、
思わずはっとした。

目の前に存在してるのは、「今日」
この瞬間だけ。
ものすごく大きな広がりや空間の中で
生きているように勘違いしてしまうけれど...。
生きているのは、
この瞬間瞬間。この刹那刹那。
明日や昨日じゃない。
今、この目の前にある事象を、
大事にするしか無いんだなと。

苦しいときは、考え方がどうしてもネガティブ。
強がって、モチベーションを
上げる事は出来ても、
心のどこかには引っ掛かりがある。
でも、そんな状況だからこそ...。
目の前の事を、大事にしていきたいなと思った。271293db.jpg

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
世界選手権。
2006-08-05 Sat 16:24
東北もようやく夏って感じで。
晴れの日が続いて、気持ちが良い。
山形は花笠祭り。
仙台は七夕祭り。
どっちの街も、活気に溢れてる。
渋滞が多すぎるのが、たまにキズだけど。

サッカーW杯と違って、
全く盛り上がってなくてびっくりしてるんだけど...。
8月19日から、日本で、
バスケットボール世界選手権が開かれる。
競技人口の割りに、バスケ、人気ないなぁ...。

札幌、仙台、浜松、広島 で予選リーグ。
決勝ラウンドは、埼玉のさいたまスーパーアリーナで。
LIVEで見たかったけど...。
チケットも予定もとれず(涙)
スカパーで全試合無料放送するから、
それを録って満喫するつもり。
地上波でも、TBS系で日本戦と決勝ラウンドは放映するみたい。
fiba



バスケ=アメリカって頭が俺にはあって。
1992年のドリームチーム1から1996年のドリームチーム3
までは、本当にアメリカの強さを見せ付けられてた。
でも....。
6年前のシドニーオリンピックから雲行きが怪しくなって。
最近は、国際大会でアメリカの強さを感じる事は
出来なくなっていた。

今回は、スター選手ばかりでは無く、
チームとして選手を選んだみたい。
どんな組織でもそうだと思うけど。
適材適所でなければ、うまく機能しない。
チームケミストリーが構築できないって言うか。

今回は、役割分担がきちんとされてるチーム編成だなと思った。
事情で参加出来ない、コービやアマレなど、
見たかったのに残念な選手もいるけど...。

昨日、アメリカVSプエルトリコの
エキシビジョンマッチがあって。
録画した放送を見ながら、今、ブログを書いている。
wayde






114-69でアメリカ勝利。
第2クオーターに厳しい守備でプエルトリコを9得点に抑え、
48-35で前半を折り返すと、
後半は攻撃力が爆発し、相手を一気に突き放した。

久々に強いアメリカを見た気がする。
一昨年のアテネ五輪では、
92-73でプエルトリコにボロ負けしたのに。



特に良く思ったのが、ディフェンス。
プレスもゾーンディフェンスも、上手く機能してて。

試合全体で、
シューター、スラッシャー、パッサー、リバウンダー。
それぞれが持ち味を生かしてた。
特に、ウェイドやレブロン、クリスポール、ハワード。
若い選手なのに、自分の役目をきっちり果たしてて。
今までのチームより、ネームバリューは全然無いけど、
かなり良い感じ。
本番が今から待ち遠しい。
lebron
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
真実。
2006-08-01 Tue 03:13
39ada543.jpgこんな時間に飛び起きた。
嫌な夢を見た。今までで一番嫌な夢。

「真実」
自分で望んだ訳では無いのに、次々と
明らかになっていく事実。
事象が終わって、次第に見えてきた事実。

知りたくも無かったのに、伝えられる事実。

強がったり、落ち込んだり。
俺もずいぶん長く、混乱の中に今まで居たけど。

人の口には、戸を立てられない...。
寄らば大樹の陰。
長いものには巻かれろ。
往々にして、そうなんだろうな。

去年の12月、ある人に言われた。
「皆、貴方の事、ボロクソに言ってる。」
「貴方の味方は一人も居ない。皆、私の味方。」

半年が過ぎ、色々聞こえてきた。
憎しみや恨みは、全然湧いてこない。
怒り叩きつける気も、釈明する気も全然。
今は、全てを達観出来るって言うか。

全てを失う覚悟で、
自分で決めたんだから。
ありのままを受けとめて、この先に生かす。

究極に困った時に。
気付いて。
気付かせて貰って良かった。
これも、自分に問題があったから。
今は逆に、ありがとうって言葉だけ。

自己反省の材料の、大きな一つとして、
心にしっかり留めておく。
振り返ってる暇は無い。
とにかく前へ前へ。

別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0 |
| -AIR TIME- |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。