何気ない日々を綴っています。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ごめんなさい。
2010-02-05 Fri 21:50
さっき帰宅したら、久々に大きな発作。
急いで頓服を飲み、今、座ったり寝たりの繰り返し。
何千回と繰り返してきた発作だから、開き直ってはいるけど、
未だに克服出来てない。 とにかく...苦しい...。


先週、母がアルバムを開いてて。
100201_051014 100124_022911
自分では、随分変わったと思う外見も、
父母にしたら、小さい頃のまま らしい。

「パニック障害さえなければ、お前も違う人生だったろうにな。」
そう言葉を掛けてくれた母に、改めて詫びた。
「こんな病気になって、ごめんね。」と。
パニック障害になって、今年で12年。
父母には、迷惑ばかりを掛けてしまったから。



年が明けてから、心身の制御が上手く行かなくて。
↑と↓の差が、激しくなってしまってる。
俺..... 寂しいのかもなぁ.....(苦笑)
まぁ、でも、「寂しい」って思えるのは、余裕がある証拠。
一番ヒドイ時は、パニックの事で、頭がいっぱいだったし。

周りの人は、たまったもんじゃないだろうなぁ ってホントに思う。
1人になりたい時(発作時)とかは、徹底して冷たくなるし、
発作を乗り越えると、過度に人と触れ合いたくなるし。
昨日、とある人にも迷惑を掛けてしまって。
でも、貴方との電話で救われました。ありがとう(ぺこり)

俺に関わってくれてる人に、改めて.....
「ごめんなさい。マジでごめんなさい。」


じっとしていられないから、今日は愚痴&長文。
追記は、気分を害される人も多いと思うから、皆さん、スルーして下さい。





ごめんなさい。の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | Panic Disorder | コメント:8 | トラックバック:0 |
何度も.....
2009-06-01 Mon 01:41
20090601_blog
↑写真でびっくりさせたらごめんね。
ネットで見た記事に、目がパチクリ

17歳の美少女テニスプレイヤー シモーヌ選手(ルーマニア)
注目されているのは、単に試合成績が良いという理由だけではなく、
テニスプレイヤーとしては、信じられないくらい巨乳の為。
そんなシモーヌ選手が
巨乳を小さくする手術を計画していることが判明。

「テニスの為ならなんだってするわ。
胸がとても邪魔だったの。重くて動きがにぶくなるし、
これ以上無理だと思って」


小さくする手術って初耳

俺、実体験が無いからだけど.......(当たり前)
自分の身に置き換えれば、確かに動き辛い。
シュート打つにしろ、パンチ打つにしろ、ダンスするにしろ。
やっぱ、過ぎたるは及ばざるが如し なのかもなぁ。





先ほど、物凄い発作。
眠れなくなり、色んな所に足跡つけてます(苦笑)

一度目なら、今度こそはと私も思う。
避けられなかった惨劇に。

二度目なら、またもかと私は呆れる。
避けられなかった惨劇に。

三度目なら、呆れを越えて苦痛となる。

七度目を数えるとそろそろ喜劇になる。


どこかで見つけたこの言葉。
blogに使おうと思って、wordにとってあった。

嫌な事が何度も続くと、投げやりになる。
でも、あまりに重なると、思わず笑っちゃう時もある。

自分を笑えるようになったら、進歩なのかもなぁ。
笑うだけで、抜け道が見つかる時もある。

真摯に、真剣に って、生きていく上で大切。
でも、真剣過ぎて自分が壊れちゃったら、
次の事が出来なくなる。
壊れる寸前に笑って、次に繋げられれば。

もう何度も.... ってか、もう何千度 味わったろう=発作
起きる度に疲弊してるけど.....................
そろそろ笑いたいな。 「またかよッ」って感じで。

-Dreams Come True- 【何度でも 救命病棟24時ver】
別窓 | Panic Disorder | コメント:2 | トラックバック:0 |
花の匂い。
2008-10-22 Wed 06:52
20081022_hananonioi

信じたい 信じたい
人の心にある温かな奇跡を信じたい

信じたい 信じたい
誰の命もまた誰かを輝かす為の光

どんな悲劇に埋もれた場所にでも 
幸せの種は必ず植わってる
零れ落ちた涙がちょうどいっぱいになったら 
その種に水を撒こう
           

Mr.Children『花の匂い』より

眠れぬ夜が続く。
睡眠不足=発作が起きやすくなる=不安で眠れなくなる
っていう負のスパイラル真っ只中。
増えてしまった薬を握り締め、ままならぬ身体を抱え.............
先が見えない不安に、押しつぶされそうな日々が続く。

そんな昨夜、この曲を聴いて、号泣してしまった。
心身ともに不安定な所為もあるけど、メロディと歌詞が胸に染み渡って。

Mr.Children、今年に入って、『少年』『GIFT』『HANABI』と新曲を連発。
そして第4弾『花の匂い』 前3曲に負けず劣らず凄まじい唄。
歌詞のどの部分も、切なさの極み。
どうしてこんなに染みる詩が書けるんだろう?



泣いた昨日は、いろいろと教えてくれる。
笑える日が来た時に、きっとそれが分かる。


今朝になり、そう思えた。
笑える今の裏には、笑えなかった過去があり、
もしかしたら笑えなくなる未来もあるかもしれない。

その時々、いろんな事が起きてくる。
笑うのも、泣くのも、一時の事。
ずっと続くなんて思うから、ぬか喜びになったり苦しくなったりする。

未来は変わる。
感じ方さえ変えれば、今の見え方も変わってくれる。
それだけ分かれば、生きることはもっと楽になる気がする。

Mr.Children - 花の匂い [PV]
別窓 | Panic Disorder | コメント:2 | トラックバック:0 |
『海』
2008-08-27 Wed 20:36
リハビリ続行中.....。
友人たちに誘われて。 海沿いのホテルに泊まりに。
最初は「迷惑をかけるから。」と躊躇していた。
でも、上向きになるいいチャンスだと思い、連れて行って貰う事に。

高速道路を使って、往復5時間。
今の俺にはギリギリな場所。
でも、着いて部屋に案内されてびっくり。
20080824152147
オーシャンビューの素晴らしい部屋。
自分で家を建てるなら、こんな部屋が欲しいと思っていた
俺の理想通りの部屋。

20080824175615
生憎の雨だったけど、日が暮れるまで、ず~っと海を見てた。
ソファーに座り、何も考えず、ぼんやり海を眺めて......。
自律訓練法をする時も、真っ先に思い浮かべるのは『海』
俺....... 海を見るだけで、落ち着いたり、自分を取り戻せたりするのかもしれない。
発作も少なく、良い時間を過ごせた。


発病当時は、自宅の布団にしか居れなくて。
徐々に散歩が出来るようになって。
徐々に車に乗れるようになって。
徐々に遠出が出来るようになった。

「病気って言ってると、笑われるばかりで誰も同情なんてしない。」
前に先輩に言われた言葉。
でも、面と向かってそういってくれる人は、まだありがたい。
そして、俺を理解して側に居てくれる人達には、ただただ感謝。
良い贈り物をありがとう(ぺこり)
この恩は、一生忘れない。

Gift - Mr.Children‐

パニック障害は治療経過で、苦手な場面を一つ一つ克服して行く作業が生じる。
そこで、「トライアンドエラー」を繰り返す事になる。
10年間、何百回・何千回と繰り返してきた、この作業。
終わる日がいつになるか分からないけど、終わりが来る事を信じたい。
海に行けた事を、前向きに捉えて..... 明日からの日々に生かすつもり。


星村麻衣 「ひかり」

     明日ひかりが届かなくても見えない壁が高くても
     背中あわせの光と影を 彷徨いながら歩いていく
     頼りなく自分を責めて 訳もなく涙流した 眩しい陽射しの中に
     誰かを愛するひかり 私を愛するひかり

     明日になれば 陽はまた昇る 誰もが未来への夢を見る
     果てなく続く無辺の空に 僕らは生きていく意味を知る
     全てを包み込む愛に育まれ気づいたものは 心の奥にある
     優しくよりそうひかり 私を導くひかり
別窓 | Panic Disorder | コメント:6 | トラックバック:0 |
トライアンドエラー。
2008-04-26 Sat 12:05
20080426053856    20080426054510

今朝の出勤時。
いざレガシィに乗り込もうとしたら、ガラス一面に霜。
外気温センサーを見たら、気温は3℃。朝晩の寒暖差、まだ激しい。

昨日は、午後から診察。
今の先生は、いろんな事を吐き出させてくれるから、とても気が楽になる。
先生に勧められて、山形県天童市の『腰掛庵』という所に。

狭くて分かりづらい場所にあるから迷ったし、
到着したら、一見、ただの古ぼけた民家。
でも、奥に進むと、蔵を利用した和菓子屋さんが。

20080425142735

先生一押しの『いちごわらび』を注文。
俺、餡子が苦手だから、和菓子って食べない方なんだけど......
これは美味かったなぁ。
今まで食べた、どんなお菓子よりも美味しかった

いちご大福ってよくあるけど、わらびもちにいちごって珍しいよね。
とても人気があるらしく、昨日も狭いお店が満員。
手作り・限定で売ってるらしく、俺が職場と祖母に買った分で、丁度売り切れ。
運が良かった。

『腰掛庵のいちごわらび』 皆さんにも一度味わって欲しいなぁ(笑)




今日は長文。 気分害する人もいるだろうから、ここから下はスルーしてくれな.....。

俺がパニック障害という、やっかいな病気を背負い込んでから
周りとの関係が、随分と変わった。
精神面を患うという事は、周りの人間もかなり苦労するもの。

一昨日、あるメールを貰った。

>パニック障害になって騒いだり病人ぶってる奴を見ると腹がたつ。
>あんたもその類?w
>学校には行けないけど女とは遊べるとか、
>仕事は出来ないけどスロ屋には通えるとか。
>俺の周りの『自称パニック障害』はそんな奴しかいねーよ。
>それって病んでんじゃなくて、ただのダメ人間だろ。
>そーゆー奴を見ると、長々と問い詰めたくなるわ。

メールを見て思い出した。
俺の周りも、こういう考えが多かったな と。
振り回されてる周りの苦労や苛立ちも、少しは理解しているつもり。
だから俺には、返す言葉が無い。
ただ一つ言わせてもらえれば...... 「貴方もパニック障害になってみれば?」

理解してもらえなくて当然。 
このメールを見て、今の状況に感謝出来た。
様々なしがらみを 切り捨て、切り捨てられ、今の平穏な状況に居れてるから。

実家で立ち上がれず、日々 「死」を考えていた8年前。
でも今は、仕事も出来れば、1人でドライブだって出来る。
バスケもボクシングもダンスも出来てる。

パニック障害は治療経過で、苦手な場面を一つ一つ克服して行く作業が生じる。
そこで、先生いわく、「トライアンドエラー」を繰り返す事になる。

”やっぱり高速道路はダメだった”
そしたら一般道路でしばらく運転を挑戦。
その後に、また高速道路の運転にトライしていく。
こうして日常生活の幅や楽しみを拡大していく。

もう10年も繰り返してきた「トライアンドエラー」
病気のことで、人に何言われてもいい。
しなければ行けないのは、病気以前の自分を取り戻す事。
一生懸命に、前進前進!
別窓 | Panic Disorder | コメント:6 | トラックバック:0 |
闘い。
2008-03-21 Fri 13:42
20080320160308

↑仙台駅前 LoFt

兄が休みだったので、行動療法に付き合ってもらった。
兄が運転し、苦手な場所巡り。
人混み・渋滞・仙台駅周辺..........etc

発作も起こったし、ビール2本の力を借りてしまったけど..............。
4時間のドライブで、仙台の隅々まで行く事が出来た。
20080320162621

↑ユアテックスタジアム


ここまで出かけれた喜びと共に、
「こんな病気にさえなってなかったら。」という悔しさがこみ上げて.........。
複雑な気持ちになった。

長期に渡って俺を苦しめている“予期不安”と“広場恐怖”

1.旅行
 自分の安心出来る場所から離れれば離れるほど、
 発作が頻繁になり、発作自体もひどくなる。

2.乗り物
 電車にしても飛行機にしても、密閉された空間。
 「ここで、発作を起こしたらどうすればいい?」
 そんな不安から、言い知れぬ恐怖を感じる。

3.美容室・歯医者
 散髪にしても歯医者にしても、 体を拘束されるという、
 密閉と同じ状況が作られるため、 とたんに恐怖を感じてパニックになる。

日常生活に支障をきたしてるのは、上記3つ。
薬・カウンセリングの他に、克服するために大事なのは、『行動療法』
とにかく行く回数を多くして、仙台市内くらいは、自由に闊歩したいと思ってる。


昨夜、従兄弟から良い話を聞いた。
プロ野球日本ハム 小谷野栄一外野手の話。
↓詳しい内容はこちら。
【日本ハム小谷野が病魔克服の快気祝砲】

克服された方がいるって事は、闘う上で、大きな励みになる。
パニックとの闘い。
時間はかかるが、必ず勝利する日は来る。
そう信じて、闘い続けていこうと思ってる。

ぜってー負けねーッ!
ぜってー治してやるッ!
別窓 | Panic Disorder | コメント:6 | トラックバック:0 |
過去。
2008-03-07 Fri 11:38
20080306155437

俺が一番多感な時期に住んでいたアパート。
2階の真ん中が、俺が住んでいた部屋。
引越ししてから、8年ぶりに訪れた。
建物、そして周辺の変化に驚いてしまって。
このアパートだって、昔は真っ白な外壁だったし。

パニック障害になってから、多くの事が不自由になった。
ここにも、全然来る事が出来なくて。
昨日、たまたま休みだった兄貴に連れてってもらえて.....。

アパートを見た瞬間、自然に涙が溢れた。
ここに住んでいる頃は、旅行や遠出 なんて当たり前だったし、
何事も、純粋に楽しめていた。
『ここに住んでいた頃に戻れたら..............。』


過去を引きずり、疲れてしまうときもある。
だけど、いつまでも過去を引きずったところで、過去は変わらない。
とは言っても、 過去がいらないわけでもない。
過去は、なかったことには出来ない。
その苦しかったり、間違ってしまった過去は、
未来を良い方向に変えるバネになるはず。

過去のことをすべて忘れてしまったら、
反省することも出来ないし、バネにすることも難しい。
でも、過去を最初から最後まですべて覚えていたら、
罪悪感やら後悔やらで、きっと身がもたないはず。

過去は「引き出し」にしておいた方がいい。
必要なときには、反省として引き出したり、
バネとして引き出したり、嬉しい思い出として引き出す。
200707201833

人生の舞台で生きていくのは、今の自分。
過去の自分ではない。


だからこそ........................ さっさと治したいな.............................。

MY LITTLE LOVER evergreen 
別窓 | Panic Disorder | コメント:4 | トラックバック:0 |
NOT FOUND
2008-01-19 Sat 06:51

「NOT FOUND」=「答えが見つからない」時ってあるよね。
そういう時は無理をせず、答えが勝手に出てくるのを待った方が良い。
Mr.Childrenのこの曲が発売されたのは、2000年の夏。
俺が、病気で一番辛かった時。

昨日、19時からのテレビで大場久美子さんがとりあげられてた。
テーマは「パニック障害」
症状、俺とほぼ同じだから驚いてしまって。

番組での再現フィルム.....................
硬直して全身が動かない事や、
指先がしびれてきて呼吸がうまくできなくなる、
頭痛や動悸が酷くて「死んでしまうんじゃないか」と思う事 etc...

途中でTVを消した。
影響されて、忘れてた発作が起きそうで(苦笑)
ただ、あの番組を見て.....
理解してくれる人が、1人でも増えればなって思う。

この病気は周りの方の理解が不可欠。
幸い俺には、理解ある両親、兄、親族がいてくれた。
まだ地下鉄や電車、飛行機、バスに乗れないけど、
いつか大場さんみたいに、普通の生活が出来るようになりたい。

皆が当たり前にできることが出来ない、前は出来てた事が出来ない.....
辛すぎて「死にたい」って思い続けた日々もあった。
けど少しずつ良くなってきてる。
1人で外出が出来ること、近場だけど旅行出来るようになったこと。
皆にしてみればたいしたことじゃないことでも、
俺にとって、掛け替えのない成功体験。

もし、「パニック障害」で苦しんでいる人がこのブログを読んでくれていたら...

独りで苦しまないで下さい。
我慢しないで下さい。
病気であることを恥じないで下さい。
自分を責めないで下さい。

一緒に一歩ずつ良くなっていきましょうね!
暖かく平穏な心の春が、必ず訪れますように.....。

BankBand   -はるまついぶき-

別窓 | Panic Disorder | コメント:2 | トラックバック:0 |
| -AIR TIME- | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。